3度の飯よりゴルフが好き

Bounce Backers

トミー

【ゴルフスイングの真実⑤】クラブの重心コントロールを可能にするもの

投稿日:

トミーです。

ゴルフクラブには色々理由があり複雑な道具というのが理解できてきたと思います。

さて今度はクラブを台の上に置いてみましょう。そうすると重心が真下にくるのでフェース面が少し斜め上を向くと思います。クラブネックから真下のラインとフェースの向きのラインの間の角度の事を重心角といいます。

キャロウェイマーベリックの重心角

この角度が多い程ボールが捕まえやすい。少ないと捕まりにくいと一般的には言われてます。この重心角はクラブの番手ごとに違ってきます。また同じ番手でもメーカーやシリーズが違うと変わってきます。

テーラーメイドSIM MAXの重心角

2つの画像を比べてみてもその違いが分かると思います。この重心角をコントロールする事がフェースアングルを安定させ目標方向にフェースが長く向いたインパクトゾーン、いわゆる点でボールをとらえるのではなくゾーンでボールをとらえる世界基準のスイングには必要不可欠な要素となっております。

ゴルフが難しいのは道具の構造が難しいからなのです。決してセンスがないとか運動神経がないからではありません。しっかり理解して楽しいゴルフライフを送りましょう!

ではまた次回!(BBSトミー)

-トミー

Copyright© Bounce Backers , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.