3度の飯よりゴルフが好き

Bounce Backers

トミー レッスン

プライベートレッスン Before After

投稿日:

トミーこと田渕です!

今回は私がオフラインで活動してますプライベートレッスンのクライアント様のBefore Afterをご紹介したいと思います。

ゴルフ歴2年の女性ゴルファー

今回のクライアント様はゴルフ歴2年の女性ゴルファーさんです。過去にテニスをやられてたみたいですがこれといってスポーツをやってきた訳ではない方です。

周りのゴルフ仲間に追いつくべくレッスンやラウンド、最近はYouTubeを見て勉強されているみたいです。(私のYouTubeもご覧になられ今回のレッスンを申し込まれました。感謝!)朝起きたらまず鏡の前でスイングチェック(凄い!)時間さえ開けば練習に行くというのを続けてこられたのでとてもゴルフ歴2年とは思えないスイングと知識でした。

悩みはドライバーやウッドはそれなりに打てるけどアイアンが打てなくカット起動でスライスする事でした。自身はシャローなクラブフェイスの向きがあまり変わらない安定したスイングを目指しているとのことでした。

まずはアドレス(P1)

アドレス (P1) 左がBefore 右がAfter

元々アドレスはそんなに悪い所は見当たりませんでしたが懐にゆとりがなかったので少し骨盤の角度を深くし両腕の高さを合わせました。BeforeよりAfterの方が下半身が安定して見えるようになりました。でも気持ち修正しただけですので元からいいアドレスをされてました。

P1というのはアドレスのことを指していて全部で10ポジションあります。Pシステムと言ってスイングの各ポジションを説明する時に使います。

テークバック 地面とシャフトが平行のポジション(P2)

テークバック (P2) 左がBefore 右がAfter

スイングを開始していき地面とシャフトが平行のポジションがP2です。このポジションではBeforeは少しフェイスがオープンで上がっていました。ヘッドスピードや打ちたい球筋にはよりますが基準はアドレスの前傾角度とフェイス面が平行が基準のポジションになります。Afterは少しクラブヘッドが手元よりも下がっていますがフェイス面はスクエアになりました。

ただここのポジションは意識して変えてません。トップまでの道筋を変えることによってここのポジションが改善されました。

皆様もご自身のスイングで改善したい箇所が中々改善されない場合はそのポジション前後のポジションに注目してみると案外意識しなくて治る場合があるので一度チェックしてみて下さい。

このP2ポジションを手に入れカット起動だったクライアント様が1回のレッスンでシャローなスイングになったプロセスはまた次回!

オフラインのプライベートレッスンにご興味ある方はこちらからどうぞ!https://bouncebackers.com/lesson/

(BBS トミー)

-トミー, レッスン

Copyright© Bounce Backers , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.