3度の飯よりゴルフが好き

Bounce Backers

ギア情報 リッキー

買ってよかった SIM Max レスキュー

投稿日:2020年3月10日 更新日:

リッキーです!

毎年2月ぐらいになると,大手メーカーは新作を発表します。今年はテーラーメイドが「M7/M8」との予想を裏切って「SIM/SIM Max」,キャロウェイは(40代以上の人間には映画『トップガン』のトム・クルーズを思い出させる)「MAVRIK」を出してきました。性能的に本当に新しいものを生み出すのが難しい中,ネーミングってとても大事ですね。

そんな中でいちばんメディアに取り上げられたのが,テーラーメイドの SIM Max,しかも,ドライバーでもフェアウェイウッドでもなく,レスキューでした。

レスキューって?

普通は「ハイブリッド」,日本だと「ユーティリティー」と呼ばれるクラブですが,テーラーメイドは伝統的に「レスキュー」と呼んでいますね。「レスキュー隊」の「レスキュー」ですよね。まさに「お助けクラブ」という意味合いです。

毎年7月にテレビ朝日が全英オープンの中継をしますが,その中で解説の戸張捷さんが,ハイブリッドクラブのことを「レスキュー」と呼んでいるのを耳にしますが(「青木さん,いま彼が持ってるのはレスキューかなぁ?」みたいに),それはさておき。

テーラーメイドが初代レスキューを出したのが2001年。「ハイブリッド」というよりは「小ぶりなショートウッド」という感じですが,ボールが拾いやすくてターフの抜けも良くて,なかなかの名器でした。

そのあと「レスキューMID」というのも出ますが,こちらはその形状からして,「アイアン寄りのハイブリッド」という感じですね。どちらがいいかは,ゴルファーの好みやクラブに求める役割に依るでしょう。

で,SIM Max レスキュー

なんで SIM Max レスキューが注目されたかというと,ロリー・マキロイやダスティン・ジョンソンといった超一流のプレーヤーたちがバッグに入れたからなんですね。彼らってヘッドスピードが超速いので,あえて「お助け」のハイブリッドクラブを使う必要はないし,逆にハイブリッドだと狙った球が打てない(高いのとか低いのとかフックとかスライスとか)から「使いづらいクラブ」になっちゃうわけですが,そんな彼らが,あえてこのレスキューをバッグに入れた。

特にマキロイの話が面白いのですが(詳しくはこちら),テーラーメイドのスタッフがマキロイのバッグにこのレスキューを入れたら,「僕のロングアイアンに問題があるとでもいうの?」と冗談めかして言い,だけど打ってみたらかなり気に入って,260ヤード先のターゲットに向かって,高い球も低い球も自在に打ち分けたという。「3番アイアンが7番アイアンみたいに簡単に打てる」とか,「5番ウッドみたいな高い球も,2番アイアンみたいな低い球も,このレスキューで打てる」というマキロイ本人の言葉が,どんなキャッチコピーよりもいい宣伝効果があったと思います。

マキロイはファーマーズ・インシュランス・オープンで実戦投入。

で,わたくしリッキーは

基本的に試打なんかしないでクラブを買う,バッグの見た目が大事というわたくしリッキーとしては,この SIM Max レスキューを買わずにはいられませんでした。シャフトが悩むところでしたが,マキロイが Project X HZRDUS Black 100 らしいので,それとほぼ同じ,しかも10グラムだけ軽い Project X HZRDUS Smoke Black 90 にしました。マキロイのアイアンシャフトは Projec X 7.0,僕のは Project X 6.0 なので,たぶんマッチング的にはそれでいいんだろうと読んだわけです。

結果,大成功。

短いパー4ホールであればティーショットで気楽に打てますし,パー5の2打目でも活躍してくれて,グリーン近くまで運ぶケースが増えました。いままでそういう状況って中空の3番アイアンで打っていたんですが,それより遥かに安心感があるし,実際にスピンも入るし球も上がるし,ミスするときも自分のスイングなりなミスなので,使い勝手がとてもいいです。打感も悪くない(というか,僕は好き)。ちなみにロフトは19度。

最近のテーラーメイドのレスキュー(Mシリーズの)は打ったことがないので比較してどうこうとは言えませんが,シャフト選びさえ間違わなかったら,かなり使える相棒になってくれると思います!

(BBSリッキー)

上記のシャフトは,Fairway Golf USA でオーダーできました。

Instagram


-ギア情報, リッキー

Copyright© Bounce Backers , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.